巡回健康診断のご案内

 ※ H31年度の健診予定が決まりました。   
   期中に、消費税増税があった場合は料金変更となりますので、ご注意ください

⇒⇒ 健診の日程表 (H31年度)  
⇒⇒ 申込方法・申込書

※ 生活習慣病予防健診を受診される方は、「協会けんぽ」から送られた申込用紙を添付ください。 書き方見本 (紛失した場合⇒ こちら

 ★ 労働法に適応した『各種健康診断』  開催予定のご案内 ★
※ 当協会の健診結果には、過去2回分の結果も表示されますので、健康管理にもご利用できます。
※ 表示料金は会員価格です。(非会員:税抜500円加算) ・・・生活習慣病予防健診は除く。
 ⇒⇒⇒協会への加入を検討の方は 協会加入・会員メリット  を参照ください。
※ 事業主も受診できますので、ご自身の健康管理にもご利用ください。

 

健康診断の種類と料金

定期健康診断・雇入時健康診断  労働安全衛生規則第44、45条による定期健康診断 (深夜業等の特定業務従事者健診を含む)
 労働安全衛生規則第43条による雇入れ時の健康診断。
 ※ 厚労省通達(基発0804第4号リーフレット)を受け、平成30年度から定期健康診断は、従来のB健診 + HbA1c に一本化しています。
区分 対象 検査項目 会員価格
(消費税8%時)
定期健康診断*

一般労働者

※所定労働時間が正社員の3/4以上で、1年以上雇用(見込み)の労働者。
@既往歴、業務歴の調査
A自覚症状、他覚症状の有無の検査
B身長・体重・腹囲、視力、聴力の検査
C胸部エックス線検査
D血圧測定 
E貧血検査
F肝機能検査
G血中脂質検査
H血糖(空腹時又は食後)、HbA1c検査
I尿検査
J心電図検査
一人
6,156円
雇入時健康診断 新たに労働者を雇入れるとき 上記定期健康診断と同項目
一人
6,156円


生活習慣病予防健診  定期健康診断にプラス「がんの早期発見」項目をつけたお勧めの健診。 助成金有り。
区分 対象 検査項目 健保価格
(消費税8%時)
生活習慣病予防健診 (希望者で次の方)
35歳〜74歳の協会けんぽの被保険者
上記定期健康診断に加えて
K胃部エックス線検査 
L便潜血反応検査
M血液検査
 ・貧血検査(白血球)
 ・肝機能検査(ALP)
 ・腎機能検査(クレアチニン・尿酸) 
一人
6,810円

※協会けんぽの助成金を差し引いた金額です。
※ 生活習慣病予防健診は、助成制度の事務手続き上、できる限り早めに申し込みください。
 又、胃部]線検査のため、前日の午後10時以降、翌日の検査終了まで絶食となります。

 生活習慣病予防健診申込書見本   (申込書をなくした方はこちらからダウンロード下さい)
※ 「協会けんぽ」以外の健康保険(健康保険組合、国民健康保険等)に加入している場合は、上記の助成金は受けられませんので、価格は異なります。


特殊健康診断・がん検診

有機溶剤健康診断 有機溶剤中毒予防規則第29条による健康診断です。
対象 検査項目 会員価格
(消費税8%時)
法令で定められた有機溶剤業務に従事する労働者に対しては雇い入れの際、当該業務への配置替えの際、及びその後6ヶ月以内ごとに1回定期的に実施する。 既往歴の調査等 + それぞれの有機溶剤に応じた検査項目。 (注) 一人
2,160円〜 (注)
(注)使用する溶剤により、尿中代謝物や血液検査が追加となり、別途、料金が加算されます。
 また、医師が必要と判断した場合、検査項目が個別に追加されることがあります。

鉛健康診断    鉛中毒予防規則第53条による健康診断です。
対象 検査項目 会員価格
(消費税8%時)
法令に掲げる鉛業務に常時従事する労働者に対し、雇入れの際、当該業務への配置替えの際及びその後6ヶ月以内ごとに1回、定期に実施する。
(清掃等、一部の業務については1年以内ごとに1回の実施)
鉛による自覚症状・他覚症状・既往歴の調査、血液中の鉛の 量、尿中の検査等々定められた項目。  一人
6,696円

特定化学物質等健康診断   特定化学物質等障害予防規則第39条による健康診断です。 (特別有機溶剤含む
対象 検査項目 会員価格
(消費税8%時)
特定化学物質(予防規則39条)を製造し、又は取り扱う業務に従事する労働者について、雇い入れの際、当該業務への配置替えの際、及びその後6ヶ月以内ごとに1回定期的に実施する。 それぞれの化学物質に応じた検査項目 
取り扱う物質により金額が変わりますので、問合せ下さい。

VDT健康診断VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン』を参照ください。
対象 検査項目 会員価格
(消費税8%時)
 VDT(Visual Display Terminals)

パソコンの入力業務など、長時間ディスプレイ前で作業を行うVDT作業に常時従事する労働者に対して、作業の内容に応じて配置前および定期に、次の項目の健康診断を実施する。
○業務歴および既往歴の調査
○自覚症状の有無の検査(問診) 
○眼科学的検査
 ・遠方・近方視力
 ・屈折検査
 ・眼位検査
○その他医師が必要と認める検査
一人
3,456円

じん肺健康診断   じん肺法3条・7〜9条による健康診断です。
対象 検査項目 会員価格
(消費税8%時)
じん肺法施行規則に定められた粉じん作業(別表)をおよそ週1回以上行っている、または過去そうであった方
(管理区分2・3の方は除く)
(一次健診)
@粉じん作業に関する問診等 
A胸部エックス線直接撮影

※協会健診は、1次健診(管理区分1)のみとなっています。管理区分2・3の方は、健診機関等へのご相談下さい。
一人
3,456円
(一次健診)

                               ◆  ◆  ◆
乳がん検診
対象 検査項目 会員価格
(消費税8%時)
40歳以上の女性で検診希望者 マンモグラフィ(乳がん)検査 一人
3,240円

がん検診
対象 検査項目 会員価格
(消費税8%時)
40歳以上の希望者
⇒ H30.3案内
(2020年は開催日未定)
@ 肺マルチスライスCT
A ペプシノゲン検査(初回時と5年に1回)と胃部X線検査
B 便潜血反応検査(2日法)
C 肝炎検査(初回時のみ)と腹部超音波検査
D 前立腺がん検査(PSA)   ※50歳以上の男性
E 乳がん(マンモグラフィ)検査   ※女性
F メタボリック健診(腹囲・体重・血圧・血糖・脂質検査)
男性1人
17,280円

女性1人
18,360円
※ 肺マルチスライスCTのみ受診7,560円    ※ 乳がん検査のみ受診3,240円
 
 【診断実施機関】
  ○定期健診・特殊健診他 ・・・ (一財)石川県予防医学協会 
  ○生活習慣病予防健診 ・・・ (独)金沢病院 健康管理センター  

【労働法上の健康診断とは】
 法令により、会社・事業主は、社員・従業員等の労働者を雇用すると毎年定期健康診断を受けさせなければなりません。特定の危険作業を行う会社・企業では特殊健康診断を定期に行う必要もあります。
 小松労働基準協会では小松市・能美市を中心に、定期・特殊健康診断が受診できる「巡回健康診断」を実施しています。巡回健診は、労働者の受診が必要な上記健康診断に適応した集団健診で、皆様のお近く、小松市・能美市の各地(公民館等)で開催しています。 (会場・実施日は健診日程表参照
 社員・従業員の定期健康診断・特殊健康診断受診先をお探しの方、近くで開催、申込みも簡単な協会の「巡回健康診断」を一度ご利用してみてはいかがでしょうか。


 PDFをご覧になるときは、AdobeAcrobatReader(無料)が必要です。
 お持ちでない方は、右の 『Adobe Reader』 からダウンロードできます。



inserted by FC2 system